不動産投資の不安

不動産投資にはメリットと同時にデメリットが存在します。
デメリットのことを知るということも大事なことです。
ただし、だからと言って不動産投資はするものでないと考えるのも大きな間違いです。
時代はまさに高齢化社会を迎え、将来に対しての不安をつのらせている人たちも大変多くいます。
年金はしっかり将来期待出来るでしょうか。
そして定期預金などでは将来を決して保障してくれるものではありません。
今しなければならないことは、みなさんそれぞれが投資の方法を考えて行くことです。
それこそが将来に対しての備えです。
デメリットを知り、デメリットを回避するようにして不動産投資をおこなってください。

不動産投資はそもそも購入した段階で欠陥があるかもしれません。 銀行から大金を借り入れしなければならないことにも大きなリスクがありますが、大きな欠陥商品を延々と背負い込むことになります。
そして不動産投資は儲かるという声が聞こえる一方では、空き家リスクに悩んでいる人たちも多くいます。
都心ではおおかた埋まる率が高いと言われていますが、地域ではなかなか不動産投資は厳しいという声を聞きます。
更に不動産物件が壊れた時には、修理費用も嵩むことになります。
地震、津波、火事と言った問題は大丈夫でしょうか。
災害そして天才リスクをより多く抱え込むことになります。
人気のエリアで不動産投資をおこなうことにメリットがあるかもしれませんが、人気は流動して行くものであり、突然何らかの事情でその人気エリアが不人気になってしまう場合もあります。
そのような時のリスクについても考えてください。

不動産物件に対して、しっかり借りる人に満たされているという場合においてもまだ安心することが出来ません。
借り入れしている人たちが全然家賃を支払いしてくれない人たちならどうしましょう。
賃料未払いということで追い出せば訴訟になってしまうかもしれません。そして入居者はトラブルメーカーかもしれません。 住んでいた人が自殺をすれば、とたんにマンションのイメージが落ちてしまうものです。
個人所得であれば利益に対して最大50%の税金がかかります。
更に不動産投資に対してのメリット、デメリットを追求しましょう。




Copyright © 2014 リスクを知って賢く不動産投資をしよう! All Rights Reserved.